学校日誌

新規日誌1
12345
2021/10/21

「西の子ツリー」~やる木・ゆう木・げん木~

| by 管理者

2学期の始業式で、運動場西側にある大きな木(1本のように見えるけれど
実は3本の木)に西の子のみんなで名前を付けようと呼び掛けました。

 

 早速、名前募集をすると、2週間の間に「82人から43種類のアイデア」応募がありました。そして、種類別に整理した名前のアイデアを提示し、まず、西の子代表である6年生によいと思うものを個々に選んでもらいました。その結果、5個のアイデアに絞られ、全校投票を行いました。

 10月の会礼で、全校児童アンケートの結果により、「西の子を見守っている大きな木」の名前発表をしました。西の子を見守る木なので、「西の子ツリー」。西の子のやる気・勇気・元気を高めていこうという意味で、3本の木を「やる木・ゆう木・げん木」と呼ぶことに決まりました。

 

しかし、この3本の木は、それぞれ太さが違います。どれが「やる木」で、どれが「ゆう木」、どれが「げん木」なのでしょうか。それは、西の子一人一人が自分の心で決めることにします。人によって、また、そのときの心持ちによって、自分にとっては「やる気・勇気・元気」の何が一番大きいのかは変わってきます。「今は一番やる気が大きいな。」「今、一番大切なのは勇気だな。」「元気をもっと高めたいな。」…。

 

「西の子ツリー」を見て、自分(たち)の、「やる気・勇気・元気」を見つめることができる、西の子のシンボルツリーになるようにしたいと考えています。名前だけではなく、込められた意味・思いが西の子全員に浸透していくよう、学校生活のいろいろな場で「西の子ツリー」~「やる木・ゆう木・げん木」~を投げ掛けていきたいです。





15:00
2021/10/14

10月14日 公園に秋見付けにいきました。(1年生)

| by 管理者

天候にも恵まれ、1年生全員で浜松市緑化推進センター「みどり~な」に行って、秋見つけをしてきました。施設の方からどんぐりにはたくさんの種類があることや、いろいろな葉っぱの形があることを教えていただいてから、地図を頼りに公園内を歩き、秋に見られるどんぐりや落ち葉を見付けました。公園で見付けた「秋のもの」を使って、今後生活科での学習でおもちゃ作りをしたいと思っています。



15:45
2021/10/11

地震の避難訓練をしました。

| by 管理者

昼休みの時間に児童に事前に予告をせず、災害時の対応を体験させるための避難訓練を実施しました。休み時間中の大地震を想定し、自らの判断で地震発生時の対応を考え、行動することができました。昼休みの突然の訓練でしたが、落ち着いて正しい判断で行動する児童の姿が見られ、日頃の防災意識の高まりを感じました。

担当の先生から「自分の命は自分で守ること」校長先生からは、「地震はいつ起こるかわからないので、近くに人がいない場合も自分で正しい判断をして行動することが大切」というお話がありました。

地震などの災害に備え、災害時に限らず、日常生活から自分で正しい判断ができるように今後の活動に取り組んでいってほしいと思います。


12:00
2021/10/08

6年生総合的な学習「郷土の歴史を知ろう」」

| by 管理者

10月8日(金)に歴史文書館の名倉慎一郎さんを講師にお呼びして、「竜洋の土地のつくりや歴史」について話を聞きました。6年生は1学期末から自分たちの住んでいる地域の歴史や地名を総合の学習の時間に調べてきました。しかし、本やインターネットにある情報だけでは詳しいところまで知ることができず、今回の名倉さんのお話をとても楽しみにしていました。当日は子どもたちが熱心にメモを取る姿が見られ、自分たちが住んでいる竜洋の土地のつくりや歴史についてもっと知りたいという気持ちが溢れていたように感じました。

授業後の子どもたちの振り返りでは、「竜洋の地名について深く考えたことがなかったけど、今日の話を聞いて地名についてもっと詳しく知りたい。」「自分の住んでいる地域なのに知らないことがたくさんあったし、昔のこともたくさん知れてよかった。」という声が聞かれました。今回学んだことを今後の総合の学習に生かし、さらに学びを深めていきたいと思います。


15:00
2021/09/09

ジュビロ磐田学校訪問がありました。

| by 管理者

毎年、ジュビロ磐田の選手が学校を訪問してくれていますが、新型コロナウイルス感染症の影響で今年はオンライン形式の訪問となりました。竜洋西小学校には、小川航基選手が訪問してくれました!6年生からの質問に丁寧に答えてくれ、楽しい30分間を過ごすことができました。交流後には、「これから小川航基選手を応援したい!」「ジュビロに頑張ってほしい!」という言葉が6年生から聞かれました。

子どもたちは小川航基選手との交流でたくさんのパワーをもらえました。私たちも引き続きジュビロ磐田が活躍するように、小川航基選手はじめ、ジュビロ磐田をみんなで応援していきたいと思います。   
 


15:00
12345