学校経営方針

校長 清水 孝彦

平成31年度 学校経営方針

 

 

1 伝統・地域

(1)  校訓 「正しく 進んで 仲よく」

昭和30年度の学校要覧の五.本校教育の目標には「郷土社会の実状に即し学区内の要望や期待を考慮し、児童の実態に即応した取り扱いを誤らず、個性の伸長と自律心の啓培につとめ、協力性を重んじ民主性の涵養につとめ、明るく楽しい校風を樹立して教育目的の達成を期する。」の文が綴られ、その項の結びとして、校訓「正しく 進んで 仲よく」が記されている。

その10年後、昭和40年度の学校教育計画書の1.教育目標の(2)では、教育基本法及び学校教育法に示された目標をふまえ「正しく:(正しい行いのできる丈夫な子)、進んで:(すすんでよく考える子)、仲よく:(仲よく話し合える子)」と、人格の完成を目指した具体的な目標と結び付けて校訓を示している。

本校の校訓は、社会の状況が刻々と変化していく中、不易な価値として脈々と受け継がれてきている。そして、新しい時代に向けて教育の在り方が変わろうとしている今においても、人づくりの根幹を指し示すものとして、ますますその不易な価値は重要さを増している。

(2)  学校と共にある地域 

○旧竜洋町の頃より、青少年の教育に大きな力を注いでいる。地区体育協会の行事は今もなお盛んに行われ、多くの児童が参加している。

○町づくりのための組織が堅固で、その力が学校教育を支えてくれている。

○掛塚地区は貴船神社があり、「掛塚まつり」と呼ばれる祭礼は広く知られるところである。そして近年、掛塚以外の地区でも祭礼が盛大に執り行われるようになってきている。この祭り行事で見られるように、地域の結束力は強く、学校教育に対しても大きな期待と関心を寄せてくれている。

○学習ボランティア、見守り隊など、本校児童の健全な育成に尽力されている方が大勢いる。

 

2 本校児童の実態と教育課題

   本校児童は、素直で自分が受け持つ仕事にしっかりと取り組もうとする。清掃活動中の私語も減ってきている。また、履物は場所を問わずきれいに整頓できるようになってきた。学習に関しては、課題の解決に真面目に取り組んだり、聞き手に分かるように発表したりする様子が多く見られるようになってきた。これら本校児童のよさを大切に守り育てる一方で、以下の点については、本校児童がさらに伸ばすべき課題として意識し教育計画を構想していくようにする。

   ・自分で判断して行動すること。

   ・時と場、相手に応じた言葉遣い、行動をとれること。

   ・苦手なことにも進んで挑んでいく気持ちをもつこと。

   ・主体的に課題をとらえ、他者と学び合い考えを深めていくこと。   

 

3 経営の理念

(1)  基本的な考え方

  ア よりよく生きる力を育む

本校は長く、人間尊重の教育を基盤に、児童に「人間らしい心」と「人間らしく生きるための基礎・基本」を身に付けさせることを経営の基調としてきた。また一方、新たな教育の方向性として、予測不能なこれからの社会を生きるために、教えられたとおりに行動するだけではなく、新しい状況、未知な状況に進んで対応し、自分で打開していく力の育成が求められている。この2つに通底するものは、机上で推し量れるような能力ではなく、自分探し(づくり)のための全人的な力、言い換えればよりよく生きる力の源を子どもの内に育てたいという願いである。この願いを楔(くさび)として本校教育の地盤に力強く打ちこみ、教育力・学校力・教師力を最大限に高めていきたい。

  イ 「学び」と「学校」の再構築

学校は単に知識を伝達する場ではない。子どもの興味・関心を源とする創造の場である。また、未来につながる生き方を学ぶ場である。したがって、教育課程は、子ども第一主義に立ち、子どもが今生きている地域に開かれたものとしていかなくてはいけないと考える。本校の、学校経営をより力強いものにするための努力点をあげるとすれば、そうした意味からの「学び」と「学校」の再構築である。子どもを真ん中にすえ、教職員、保護者、地域の人々がそのことに真剣に向き合っていくことが必要である。そのためにまず、一人一人の教職員が、教育の本質の追求を自分ごととして行っていくことから始めていかなくてはいけない。

  ウ 先達の思い

    さらに、具体的な教育活動を推進するにあたり、竜洋西小学校教育をつないできた先達の熱い思いが伝わる昭和30年度学校要覧にある言葉を、それを引き継ぐ我々現教職員の心得の一つとして心に留めておくようにしたい。

   <昭和30年度学校要覧 六.本校教育の方針より>

「教育の振興は、教育者の人格を磨きよき指導者となって児童に無言の感化を及ぼすことにその根源のあることを信じ、よき環境のもと適切な方法を以ってすることが、その効果をあげる最良の道であることを思い、日々の研修を怠らず児童心身発達の程度を考えて児童の伸びる自然の法則に即して教育を行い、その目的の達成を期する。」

(2)本校教育の理念

   ○ゆるがない肯定的子ども観

子どもは自らよりよく生きよう、伸びようとする存在である。教育とは、その力を芽吹かせ、実らせていくものである。

   ○人として尊重される子ども

子どもを大人と同様に人として尊重することは、そのこと自体が大切な教育的働きかけとなる。

   ○親しみという言葉でつながる人間関係づくり

      成長には他者の存在が必要である。他者とは、人であったり、物であったり、事であったりするが、子どもにとっては、親しみが感じられ働きかけることができる他者であることが重要である。中でも人の存在は特別であり、親しみという言葉でつながる人間関係づくりが不可欠である。

   ○互いの声(訴え)を聴き応え合う仲間

      創造的な活動・学びの原点には必ず学び手(子ども)の真剣な思いがある。互いにその声(訴え)を聞き、互いに応えることによって学びは深まる。応答的行為に満ちた仲間(集団)の中で個々の学ぶ力は伸びていく。   

○学び合う仲間によって価値づけられる学ぶことの意味

      仲間と学び合うことで、学ぶことの楽しさは増幅する。その学びでは、個に身に付く知識が、仲間にとっても大切な意味をもつものとなる。

    学習環境によって誘発される学び

      生きる力を育むためには、子どもたちを主体的で能動的な学び手となるようにしなくてはいけない。そのために何が必要であるかを考え、準備するのが教師の役割である。何をどう教えるかということを見極めるのと同時に、子どもが、学びへ誘われる必然性のある環境を作ることにも力を向けていきたい。

 

(4)教職員に求められること

〇子どもの「かわいさ・不思議さ・すばらしさ・有能さ」に気付く目・耳・心をもつ。

〇子どもを大人と同様に尊重する意識をもつ。

〇子どもからの発信を逃さず聴き取ることに努め、聴き取ったことを子どもの訴えとして受け止め、真剣に応える。

〇地域に生きる気概をもつ。

〇子ども第一主義とした、授業研究・教材研究に努める。

 

(5)学校経営目標

   ○深く子どもを理解することにより子どもの生きる力を引き出し育む教育を教職員が心と手を組み推進する。

   ○子どもを守り育てる喜びと希望を学校と地域が共有し、学ぶ楽しさと意味を実感できる教育を地域と共に推進する。

   ○子どもらが自ら問う授業を目指す中で、子どもの姿から学び授業改善を図ることができる教師としての資質と能力を磨く。

 

4 学校教育目標

  「えがお かがやく にしのこ」

   笑顔の内には、希望に満ちた活力がある。「えがお かがやく」の言葉には、どの子も、よりよく生きようという希望に満ちた活力がみなぎる人に成長してほしいという保護者・地域・教職員の強い願いが込められている。

 

5 重点目標

   学校教育目標「えがお かがやく にしのこ」をめざし、「知」「徳」「体」の観点からめざす子ども像をかかげ、それらを重点目標として教育活動を具現していく。

   <めざす子ども像>

○学び合い、深く考え、新たな気づきを得る(知の観点)

 

    友達と本気で考える子」

 

○他者に心を寄せ、自ら判断し、正しい行動をとる(徳の観点)

 

「自分も友達も大切にする子」

 

○ 健やかで活き活きと生活する(健の観点)      

 

 明るく元気に生活する子」

 

 

6 重点実践事項

重点目標として掲げた3つのめざす子ども像の達成に向け、以下に示す具体的な子どもの活動及び教育環境を生み出していく教育計画を立案し実践していく。

(1)  友達と本気で考える子」が育つ活動・環境

○子どもが、何を学ぶか分かっている。

○友達の話を聴き、自分の考えを伝え、よく考える。

(2)  「自分も友達も大切にする子」が育つ活動・環境

○相手の気持ちを考えて行動する。

○あたたかい気持ちで関わり合う。

(3)  明るく元気に生活する子」が育つ活動・環境

○自ら運動遊びを行う。

○みんなで運動遊びを楽しむ。

○健康や食に関心をもつ。

 

 

7 安心・安全を保障する学校

PTA・「にしのこ見守り隊」等との連携を深め、登下校の安全を確保する。

○実際に即した防災・防犯訓練及び防災教育の充実を図る。

○子どもも保護者も相談しやすい雰囲気と体制を整える。

○適切な情報発信と保護者・地域の声の受信に努める。

○保護者や地域の方が活用し親近感がもてる学校のあり方を探る。

○地域作りの資源となり得る学校のあり方を探る。

 

8 職場環境改善

子どもたちが心弾ませて通学し、力を高めることができる学校をつくっていくために、教育力を最大限に発揮できる職場環境を職員一人一人の心がけによって作り出していく。

○校務の整理を的確に進める。

○協働体制を職員一人一人の意志に基づいて作り出す。

○情報化の推進と校務の効率化を図っていく。

○学校評価と連動させて業務改善を図る。

○保護者・地域のサポーターとの協働体制を確立する。